kokoki

kokoki

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

会議やプレゼンなので使う赤いレーザーポインター

レーザーポインターについての質問です。

会議やプレゼンなので使う赤レーザーポインター
暗所では当然ハッキリ視認できますが、
例えば明るい屋外の壁にレーザーを当てた場合、
当たってる場所が分からないのは、
レーザーは届いているけど明るくて見えないのか、
太陽の紫外線などで打ち消されてそもそも届いてないのか
どちらでしょうか?
ふと疑問に思ったのですが、詳しい方のご回答を
お願いいたします。

建築現場では、レーザー墨取り機で、レーザー光を壁や柱に当てて水平や垂直を取るのは当たり前になっている。

屋内だけではなくブロック積みなどで屋外でも使うが、屋内に比べて屋外はやはり見づらい。

では届いてないのかというと、レーザーポインター 防水受光器というのがあってそれで墨出し機からのレーザー光がどの位置に来てるか検出できる。

結論を言うと、レーザーポインター 強力からの光は届いてはいるが周囲が明るい場合は肉眼では見つけにくい。

ただ、検出器を使えば届いているのは判る。

http://blog.eigyo.co.jp/fdukt/day/20161231

http://plaza.rakuten.co.jp/ririko0225/diary/201612310000/


  1. 2017/1/5(木) 18:37:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レーザーポインターの色 注意するポイント

レーザーポインターの色

レーザーポインター 星空観察は形状や重さなど、さまざまなものが登場しています。資料を指すだけだから何でもいいと思いがちですが、実は用途によって最適なものがあります。現在はいろいろ色を発光するレーザーポインターが存在しますが、主に使われているのは赤と緑です。

みなさんがよく見るのは赤でしょう。ホワイトボードなどの背景が白い資料には、赤色は可視性が高いため人気があり、そのため量産化が進んだため、安価で手に入れられる価格帯になっています。また、電池持ちが良いので、何かと長くなりがちな少人数の会議でも安心です。

緑はまだまだ一般的ではありませんが、赤色より明るく見えるために大規模コンベンションなどで使われることが増えました。使用光量が赤色よりも高く電池もちも悪く、まだまだ普及率が低いということもあってやや高価ですが、大きい開場での公演や、頻繁にプレゼンテーションの機会がある医療関係者や研究者を中心にユーザーが増えています。

レーザーポインターの機能

また、超強力ブルーレーザーポインター自体にパワーポイントを操作できる「リモコン機能」が備わったものも登場しました。何かと忙しいプレゼンテーションの場面ではパソコンの操作に気を取られがち。そういった煩わしさを軽減できるのでこちらは頻繁に使用する方におすすめです。

注意するポイント

特に注意して欲しいのは、レーザーポインター 高出力の光は人やペットなどの動物の目に有害なものがほとんどです。最近では自宅ではねこじゃらしのためにレーザーポインターを購入する人が増えています。くれぐれも人や動物の目を照らさないように気を使ってください。

キュレーターからヒトコト

単なる赤い光でホワイトボードを指すだけであったレーザーポインターですが、現在はさまざまなニーズに応えて特別な機能がついたものや、可視性を高めたもの、さらに携帯性に優れたものが登場しています。

デキるビジネスマンなら必ず持っているレーザーポインター 緑。大事なプレゼンテーションを成功させるためにも自分に合った使いやすいものを選んでくださいね。

http://fstrhytr.cloud-line.com/blog/2016/12/37094/

http://fhwreth.good-info.info/rannkinngu

 


  1. 2016/12/31(土) 22:32:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犯罪者には電撃を SFっぽいアーマーグローブが発明賞受賞

犯罪者には電撃を SFっぽいアーマーグローブが発明賞受賞

銃弾をはね返し、ビデオカメラで撮影し、レーザーポインター 最強で照準を合わせてスタンガンでホールドアップ。アーマーグローブがなんかすごい。

防弾性の高い素材で作られたアーマーグローブは、スタンガンやビデオカメラ、工業用レーザーポインターにライトなどが内蔵されており、警察官や警備員向けに開発された。作ったのは映画製作に携わるデビッド?ブラウンさん。デザイン的にもこだわりを持っている。

 例えナイフなど護身用の武具を携帯していても、暴漢に襲われた際それを落としてしまうかもしれない……。ブラウンさんはこうして2004年から開発に着手し、30ほどのプロトタイプを経て完成。「The BodyGuard」と名付けられた。

 アーマーグローブは3ポンド(1.36キログラム)。手首の上にある4つの電極からは、50万ボルトの電流が放たれるようになっており、手のひらのボタンによって天体指示レーザーポインターやビデオカメラ、ライトが操作できる。

The BodyGuardは今年5月、米国司法省が行ったイベントでデビュー。ロサンゼルス保安局で導入されることになっている。将来的にはGPSや海外での使用を見越した電子翻訳機や空港職員のために指紋認証などを実装したいとのこと。

 なお、2011 Invention Awardsにはほかにもベッドに潜む害虫を検知する装置や、動力源を組み込んだボディーボード、映すだけで健康状態が分かる鏡などが受賞している。

https://vimeo.com/197159062

http://www.girlscene.nl/blog/56002/

 


  1. 2016/12/29(木) 23:12:3|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超強力パープル・青レーザーポインター 1000mw 星型キャップ装着

青いレーザーポインター 1000mw簡単に点火 物燃やせる威力、超かっこいい!

https://www.focusreza.com/product-g019.html

日本では1mWを超えるレーザポインターの販売は違法ですが、外国の業者が日本語のサイトで商売をやっている例があります。外国から発送さえる場合、税関に止められる可能性は否定できません。

しかし信頼できる業者なら対応してくれるのではないでしょうか。

保護眼鏡を利用せずにレーザーポインターを使用したら、先ず間違いなくあなたは目に障害を持つことになると思われます。もし近くに他の人が居れば、彼等にも障害を負わせる可能性があります。だから、必ずレーザー保護メガネかけて、他の人に照射しないでください。

カラオケディスコなどで使用すると周りの雰囲気をもっと賑やかにされ、楽しくなります。天文学者は、夜の星を観察するのに適しています、正確に星の位置を示すことができます。

旅、登山の時に道を迷ったり、災難を遭った場合には遭難信号として使えます。あなたの旅行をもっと楽しく面白く、野外活動に適した機器として評価されています。火災、洪水、地震などの緊急事態の時に使えます。

 

レーザーポインターが点灯しない場合

●過熱焼損 長時間連続使用して発熱過ぎるので、レーザーモジュールが焼損した。 回路の部品が焼損するというトラブルが多発していたのである。晶体のほうが焦げたことが多い。 この場合はモジュールを交換するしかない。

●不注意でレーザーポインター パワーを落下させたり、ぶつけたりする。 衝撃などに強くないので、落下させたりぶつけたりしてモジュールは壊れやすいです。もしそうしたらレーザーポインターは点灯しない故障になる可能性が高いです。 製品本体の性能や晶体の品質がよくない、回路不安定。

●正極と負極を逆転して電源接続 すると、レーザーモジュールは即故障するので要注意です。

レーザーポインター禁止事項?
* 高温(40℃)と低温 (-10℃)によ使用することを禁止する?
* 電磁放射と高電圧電界干渉を禁止する。?
* 不許可の送電方式を禁止する。?
* 衝突と落ちることを禁止する。?
* 水分、砂、金属、木質などの微粒子を機内に入ることを禁止する。?
* 不法解体、レーザ器を改装することを禁止する。

★レーザーポインターの運用は使用自己責任でお願いします。当方では一切の責任を負えません。 ★仕入れ時期により多少デザインが異なる場合が御座います。

http://kokoki.blog5.mmm.me/mmmblog-entry-37.html

http://kukikomi.n-da.jp/e716487.html

 


  1. 2016/12/19(月) 18:42:3|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電池不要で使用できる経済的なUSB充電式レーザーポインタ

電池不要で使用できる経済的なUSB充電式レーザーポインタ。底面のマクロUSBポートから、付属のUSBケーブルでPCと接続することで充電でき、乾電池がいらないので軽く、携帯に便利だ。

高級感のあるステンレスを採用し、持ち運びに便利な専用ケースが付属する。

ペンタイプのベーシックなレーザーポインター 講義は、ボタンを押している時だけライトが点くというシンプルな機能のため、短時間の使用や、頻繁に使わない場合は手軽に扱えて最適です。

光量としては室内で使用するのが最適。また、手頃な価格なので最近ではビジネス用途ではなく、猫の遊び道具として購入する人が増えています。

いつでも清潔な抗菌仕様なので、学校や病院でも安心して使用できます。

照射中は、通電表示ボタンが点灯するので、暗い場所でも照射しているかどうか、ひとめでわかります。

赤色レーザーより視認性の高い緑色レーザーを採用しています。約200m先まで照射できます。

大半のレーザーポインター工事は乾電池を使用しますが、充電式ならその分軽くなりますし、電池を持ち歩く煩わしさからも解放されます。出張や外出がが多い人におすすめです。

http://ameblo.jp/fhrihy/entry-12228705670.html

https://frepryh.wordpress.com/2016/12/14/34434/

 


  1. 2016/12/15(木) 22:45:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる