kokoki

kokoki

[PR 広告]

[PR] 【今だけ】バスト93cm・Fカップ!超ボリューム満点のおっぱい
[PR] 【解禁!】強烈なハードファックでイキまくるロリータ!
[PR] 【朗報】バスト99cm・Hカップ!カワイ過ぎる顔立ち!
[PR] 【注文殺到】マンコとアナルへ同時に挿入される2穴同時ファック
[PR] 【訳あり】夜這い中出しファックにドM3Pプレイ

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

世界一遠くまで届くレーザーポインターって何キロぐらい届きますか?

世界一遠くまで届くレーザーポインターって何キロぐらい届きますか?
 
「もっとレーザービームの到達距離が長い超強力ブルーレーザーポインター が欲しい」
「A社の商品は到達距離100mと書いてあるけれども、B社のは1kmと書いてある!」
 
こんな声を聞いた事があります。
実際の到達距離と言うのは、そんなにも違うのでしょうか???
 
 
結論から言うと、日本国内で”合法”で販売されているグリーンレーザーポインターの中で到達距離が異なると言う可能性はあり得ません。
ここで合法と言う言葉を強調しているのは、日本国内で流通?販売させる為には厳しい法律に準拠させなければならないからです。
従って、法律に準拠していない違法品であれば、突出して到達距離が長い商品は残念な事にあり得てしまいます。
 
下記に5点に渡り説明を補足します。
 
1)法律的要綱に関して
法律施行以前は、粗悪で安価なレーザーポインター 星空観察が蔓延り、何人かの未成年者を中心に重大な視覚障害事故が起きてしまいました。
この様な重大事故を受け、当時の通商産業省は消費生活用品安全法の中にレーザーポインターを「携帯用レーザー応用装置」と新たに分類させ、2001年2月末日から施行以降、販売者は法律の基準に準拠させた安全に配慮された商品しか販売できなくなっています。 
 
ここで言う「携帯用レーザー応用装置」とは、持ち運びが出来るいわゆるレーザーポインター 距離の事です。
しかし建築現場に使用されるレーザー墨出し機や持ち運びが出来ないレーザーポインター(コンセントに接続しなければ使えないタイプなど)は、本法律では除外されています。
 
 
2)技術要綱に関して
本法律により、レーザーポインターはJISC6802のクラス2以下の仕様にする必要があります。
到達距離にはビーム拡がり角(rad:ラジアン=で表される)などの要素も確かに多少関係はあるのですが、レーザーポインターと言う商品の属性上、その様な仕様は一般的には保障されていません。
そこで、ここでは到達距離に直接的に関係ある出力と、人間の目の視感度に関係ある波長言う仕様値にのみ絞ってご説明致します。
 
クラス2の場合、出力は1mW未満に制限されます。(最大出力1mWなど、色々な記載方法もありますが、内容は同じです) 
可視光のレーザーでは出力(エネルギーの値) x 波長(色的要素) = 照度(照らされた明るさの値)と考える事が出来ます。
 
上式から理解いただけるかと思いますが、出力が変わらないのであれば明るさは変わらない、元々の明るさが変わらないのであればレーザーの特性上到達距離も変わらない筈です。
しかし波長が変われば出力が同じでも到達距離は異なります。 
 
レーザーポインター 高出力で一般的に販売されているのは赤色(波長:650nmなど)と緑色(波長:532nm)の波長のものだけです。
赤色と緑色を比較すると、人間の目には緑色の方が視感度が高い為、到達距離も長く感じます。
 
 
3)環境条件に関して
レーザー光は空気中の塵などに吸収、散乱されてしまいます。
その為、どの様な環境下で測定されるかによっても到達距離は異なります。
 
 
4)到達距離と言う基準に関して
この到達距離と言うのが曲者で、レーザーポインター カラス駆除には明確な技術基準が無いので「言ったもん勝ち」と言うのが現状です。
上記より法律の基準上、日本国内の全商品は出力が変わらない為、波長が同じであれば到達距離と言うのは基本的には変わる筈はありません。
 
しかしながら「届いた」、「見えた」と言い切ってしまえば、それがどの様に「届いた」か「見えた」と言うのには注目されなくなってしまいます。
周囲の明るさなどの条件や照射する対象物によっても見え方と言うのは著しく変わってしまいますし、これでは0.000000000000000001mWの出力でもあれば「届いた」事にはなってしまうのです。(目には見えない明るさです) 
 
逆に言えば、その商品が「届いたのであれば」、他の商品も届く筈です。
 
 
5)違法品に関して
法律の目を盗んで違法に販売されているものは、法律も関係ありませんし、安全にも気を使っていないでしょう。
だから出力が1mWよりも大きくて、その結果として、一般の製品よりも長い到達距離の商品はあり得るでしょう。
 
しかしながら、出力が大きいと言うのは障害を与える危険性が高いとイコールの関係になります。 
その様な安全に配慮されていない違法品で他人に障害を与えてしまえば、販売者のみならず購入者?使用者も罰せられてしまいます。
 
もし万一「当社のは他社と比べても到達距離が長いです!」と言われる所があるのであれば下記を質問してみて下さい。
 
?最大出力は1mWを超えますか?
?消安法に準拠した合法品ですか?
?どの様な条件で測定されたのですか?
?その到達距離位置ではどれくらいの出力(単位:mW)や照度(単位:lux)があるのですか?
 
恐らく「弊社の担当が実際にやってみて、その担当は夜間△△m先のレーザー照射が見えた」と言う様な回答だと思われます。(実際に△△m先に照射されたのを、△△m先で確認した訳ではないでしょう)
 
一般的な”合法”超小型レーザーポインターでは、レッドレーザーは50m~、グリーンレーザーは100m~ほど先の照射光は、ある程度暗い夜間であれば誰でも見えるので、ここら辺が妥当な到達距離と言えると思います。
 
射程の遠い強力ポインター:
 
「到達距離25km以上」(50mW以降に◎)
「到達距離80km以上」(100mW以降に◎)
「到達距離160km以上」(150mW以降に◎)
 
 
 
  1. 2016/6/18(土) 23:1:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レッド、グリーンレーザーの明るさの比較 約8倍の明るさ差 | ホーム | 女性のために生まれた可愛いミニレーザーポインターforプレゼン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 X 閉じる